ギザのレザーサドルがやっぱり硬い。

股関節と睾丸が鈍い痛みに襲われ、辛抱たまらず、帰宅後サーファスの柔らかいサドルに交換した。

外したレザーサドルは部屋に持ち込み、これでもかというくらいオイルを塗りたくり、椅子の下に置いて踵で踏み踏みしている。

 

どうなることやら・・・。

 

 

長い間使ってきた電気ストーブが壊れた。

今はなきSANYOの遠赤外線ストーブ。

購入年月日は99年11月3日。

18年と2ヵ月ほど世話になってきたわけだ。

本体はまったく問題無いのだが、コードが先にダメになった。

ご覧のとおり、延長コードとともに片方の電極が黒く焼き付いてしまっている。

何気なくコードを眺めていて気付いた。

と言うことは、コードをぼんやり眺めたりしなければ気付かなかったわけだ。怖っ。

 

寒さにめっぽう弱い私にとって、足元や腰から暖めてくれる電気ストーブは必需品。

幾らか体調も戻って来たからすぐさま電器屋さんへ走った。もちろん自転車で。

 

予算は5000円前後。

店内をブラブラするうちに手頃な品を見付けた。

YAMAZENの加湿機能付き遠赤外線ストーブ。6390円(税別)。

よし、これにしよう。

念のためスマホでチェック。

ありゃりゃ?

Amazonだと同じものが5460円(税込)で売られているではないか。

まいったなぁ。

これだけ価格差があるならネットで注文して届くまでの2〜3日我慢するか。

そう思い直して電器屋さんをあとにした。

 

帰宅する途中、ダメ元でホームセンターも覗いてみることにした。

あった!

まったく同じものが5378円(税込)で売ってあった。

これはラッキー。

延長コードも合せてお買い上げ。

ミニラレーのフロントバスケットにすっぽり収まった。

 

帰宅後、すぐに開梱して使い始めた。

色はブラウン。落ち着いた良い色だ。

パワーはSANYOより若干弱いが、まあ良かろう。慣れればOKだと思う。

 

改めて、SANYOさん、長い間ほんとお世話になりました。

ご苦労さん!

 

 

 

※先ほど懲りずにネットで調べた。

 EDIONで4500円(税込、送料込)で売られていた。

 更には3000円台で売られているところもあって。

 調べなきゃよかった・・・。

 

 

11日(木)の夜から鼻水が止まらなくなった。

翌12日(金)は、有給休暇を貰い、終日寝て過ごした。

昨日の13日(土)も体調は優れず、風邪薬を飲んでずっと寝ていた。

寝込んでいた12日と13日は、ウンザリするほど良い天気だった。

私の中には、明るかったり元気だったりする自分を冷ややかに見詰めるもう一人の自分が常にいて、そいつにしてやられた感じである。

 

年が改まって最初に買った本は浅田次郎の『神坐す山の物語』。

 

今年は本との相性があまりよくないのか、積読本の中から選んだ本はいずれもピンとこず。

だったら本屋さんで新刊本を、と思って買ったのが本書。

連作短編集。

早速冒頭の『神上りましし伯父』を読んだけれど、さてどうなんだろう、この文体、この作風。

最後まで辿り着けるか微妙・・・。

 

神様ごとに関わる言葉は小難しいや。

読み仮名がふってなかったらいきなりギブアップだったな。

 

 

ミニラレーのサドルをギザのレザーサドルに換装し、16kmほど試走してきた。


オイルを塗り込む前より少しは柔らかくなった気がする。



鈍色の海と空。

昨日の光は昨日だけのもの。
戻っては来ない。

新年1冊目は天童荒太の『悼む人』。

直木賞受賞作ということもあって愉しみにしていたのだが、体調不良のせいか、物語の世界にまるで入り込んで行けない。

仕方ない、気分を変えよう。

そう思って、別の本(例えば新田次郎の『剣岳』とか松本清張の『点と線』とか吉田修一の『パレード』など)を手に取るが、どれもこれも最初の数行で気持ちが萎えてしまう。

やはり体調のせいなのだろう。

風邪薬と栄養ドリンクを飲み、ひたすら寝た。

外は、昨日とは打って変わって快晴。

カーテン越しに射し込む光が眩しく、閉じた目蓋の裏側に形をなさぬ白い影絵が揺らめき続けた。

 

・・・・・・・・・・

 

硬くて難儀しているギザのレザーサドル。

諦めるには惜しい。

息子のグローブ用のオイルや革製品を手入れするクリーム類を塗り込み、座面に両足を乗せて立ち、踵で揉みほぐす作業を繰り返している。葡萄酒造りに精を出す素足のイタリア娘のように。

効果のほどは分からないが、何もしないよりはいい。

 

昨夜から今朝にかけて盗汗がひどかった。

会社行きたくない病だろうか、だとしたら重症だな、と思っていたが、起きてみれば喉の痛みと悪寒と嘔吐感。

初日から休むわけにもいかず、小雨降る中、車で出勤した。

 

雨で始まったこの1年。

既にして行く末が危ぶまれるのであった・・・。

 

 

昨日は通勤メインのミニラレーで30km走った。

今日は週末のファンライドメインのQUICK4で44.5km。

向かった先はいつもの聖廟。

 

おっぱい山さんに「今年も宜しく」。

 

体が重くて脚がうまく回ってくれず、1時間を切ることが出来なかった。

あと1分だったのに・・・。残念。

 

気を取り直してアメリカンドッグ。

いつものベンチ、いつものBOSS、いつもの自撮り。

いささか飽きたなぁと思いつつ、「今年も宜しく」。

 

今日は新年最初の訪問。

きちんとお詣りも。

と思って参道を歩いていたら、こんな奇妙な木製のトンネルが。

ここは学問の神様が祀られている。

受験生諸君ガンバレ!ということだな。

合格と五角を掛けているのだろうが、うーん・・・今一つであるな。

受験生ではないけれど、他に道はなく、取り敢えずくぐって行った。

 

 

いつもの川べりで一服。

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

帰宅後、ミニラレーのサドルを替えた。

ギザのレザーのサドルが合わない。

昨日30km走ってみて、辛抱して乗り続ければまぁ何とかなるかなと思っていたが、今朝起きたとき股間に違和感があり、マズイなと思った。

前立腺炎が再発でもしては事だ。

ということで、サーファスのサドルに戻した。

レザーに比べると随分不格好だが、背に腹は代えられぬ。

 

張りの調整が利かないブルックスと、硬くて太刀打ちできないギザ。

どうしたものか・・・。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

 

夕方、スズキのディーラーまで。

先日発売されたばかりのクロスビー(XBEE)を見てきた。

 

思ったより大きい。

サイズ感的には、昔乗っていたエスクード・ノマド1600CCと変わらない印象。

それにしても、内外装ともにハスラーそっくり。

家の車庫に青色のハスラーと黄色のクロスビーが並ぶ姿をちょっと思い浮かべる。

悪くはないが、たぶん、きっと、そういうことにはならない。

なんとなれば、クロスビーを買う気は今のところないから。

 

最近、時々、ネットで車中泊のYouTubeを眺める。

秘密基地みたいな車内でゴソゴソやっているオーナーさんを見ていると、実に楽しそうだ。

楽しそうではあるが、私は、たぶん、きっと、そういうことはしない。

なんとなれば、駐車場や野山で車中泊するなんて、怖くて出来そうにないから。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

そんなこんなで私の冬休みは終わり。

明日から通常勤務開始。

出るのは溜め息ばかりなり、か。

 

 

今年最初の自転車散歩は、ミニラレーで空港までのえっちらほっちら30km走。

午前中来客があり、出発が午後遅い時間になってしまった。

陽のあるうちに帰れる距離と定めての30kmだった。

 

青空一人きり。

 

片道15kmで地元のローカル空港に到着。

出入口のすぐ側まで自転車で乗り付けられるおおらかさ。

 

ロビーに人影は少なく。

 

自転車乗りの格好のまま、ゆったりとトイレ休憩。

 

来るときは追い風。

当然ながら、帰りは向かい風。ふー。

 

冬の澄んだ青空に、掠れた刷毛でひと撫でしたような白い雲が映える。

 

 

 

適当に農道を走っていたら、漁港に紛れ込んだ。

幾艘もの漁船が舫い綱で括られ、行儀よく停泊している。

 

 

陽が沈んでいくなぁ。

 

 

ギザのレザーサドルは相変わらず硬い。

パッド付のインナーパンツを穿いていたが、それでも20km過ぎあたりからはお尻が痛くて痛くて、普通には漕げなくなった。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

帰宅後、クロスバイクのブレーキシューを交換した。

サイクルベースあさひブランド。

698円とお安い。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

そんなこんなの1日。

去年も一昨年もその前の年も、たぶん似たような過ごし方をしたであろう正月休みの1月3日が間もなく終わる。

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 聖の青春
  • 聖の青春
    りょう
  • 明日生きていることを100%保証された人はいない
  • 明日生きていることを100%保証された人はいない
    れん
  • 『定年バカ』を読んだ
  • 『定年バカ』を読んだ
    れん
  • 後光
  • 後光
    れん
  • 赤い花
  • 赤い花
    れん

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM