午前中は弟が来て身動き取れず。

スニーカーを3足洗ったくらい。

で、お昼を食べたら眠くなり、そのまま3時頃まで炬燵で寝てしまい・・・。

起き抜けの体はひどくダルイ。

が、何とか奮い立たせ、午後4時前からQUICK4で出掛けた。

 

おっぱい山さん、向かい風がきついよ。

 

いつもの土手に坐り、買ってきたアメリカンドッグを頬張った。

 

 

靴はもちろん昨日買ったばかりのスケッチャーズ。

軽いし柔らかいし、とても履き心地がいい。

対岸の菜の花の群生も随分増えた。

これからもっともっと咲き乱れるはず。敷き詰められた絨毯のようになるまで。

 

先週見付けた菜の花スポットで今日も暫し遊んだ。

 

 

帰ろうとしたら、前輪のスポークに黄色い花びらが1枚挟まっていた。

千切ってしまって申し訳ないことをした。

 

 

帰宅後、サイコン本体のボタン電池を交換した。

 

明日から会社。

行きたくない。

 

 

先週に続いて今日も園芸市に出掛けた。

前回は妻と、今回は母と。

母は花を育てるのが好きで、実家の庭は既に様々な花で埋め尽くされており、足の踏み場もないほどだ。

現地に着くまではそれほど買う気があるようには見えなかったが、たくさん並んだ草木を眺めているうちにあれも欲しいこれも欲しいとなってしまい、結局6つも7つも買っていた。

みつまた、クリスマスローズ、おだまき・・・。

あとは憶えていない。

 

私も、つい1つ。

もちろん桃。

品種は「あかつき」。

 

桃の苗木がこれで3本になった。

それぞれに実が生る時期が異なっており、6月から9月ぐらいまで順番に楽しめる。

早く3年経ってくれ!

 

 

店頭で見て気になっていたスケッチャーズのスニーカーを思い切って買った。

税込7452円。

スケッチャーズを買ったのは初めて。

メッシュのニット生地で、色はネイビーとライムのコンビネーション。

 

何度も試し履きして決めたけれど、足に合うかどうかは、ある程長い距離を実際に歩いてみなければ分からない。

どうか当りでありますように。

 

 

弥生、きみも今日で54歳だね。

私より1歳半若い日々を生きる弥生。

色褪せたカーテンの隙間から射し込む陽光に煌くきみの産毛を、ただじっと見詰めていたような気がしている。

 

 

先月半ば以降、Amazonでたくさん買い物をした。

CD26枚とTUMIのリュック。

今日、請求書が届いた。

クレジットカード払いはとても便利だが、忘れた頃に請求書がやって来るのは何とかならないものか。

しかも、締日の関係で、来月も数千円分の請求書がやって来る。

こんな風にカード払いの請求書が届くたびに、買い物の基本はその都度代金を払うことだと実感する。

昔は、お店が開いていなければ、そして、財布にお金が入っていなければ、買い物など出来なかった。

それが今では、コンビニやネットショッピングのお蔭(せい)で、1日24時間年中無休で買い物が出来る。

しかも、財布の中身をいちいち気にする必要が無いし、ネットショッピングなら歩いて出掛ける必要も無い。パソコンの電源を入れ、マウスを何回かクリックするだけである。

人の暮らし方としていかがなものかと、老人臭い独り言をブツブツと。

 

 

今週初め、義父が入院・手術したため、いつかお見舞いにと思っていた。

今日、ようやく都合がついたので、会社帰りに病院に立ち寄った。

手ぶらでは何となく格好がつかない気がして、病院の売店で和菓子を買って病室を訪ねた。

義父はいつも通りの顔色でベッドに坐っていた。

経過も良好と言う。

安心した。

 

『騎士団長殺し』(村上春樹著)で多用されていた言葉の1つが「いささか」。

氏の他の作品でも頻繁に使われる言葉である。

この言葉が出て来ると、喋っている人物が途端に老いて見える。

言うまでもなく、いまどき「いささか」なんて言葉を普段の会話で使う人は、少なくとも私の周囲には見当たらない。

50代60代でも。

 

副詞や形容詞の使い方が単調だと、全体が薄っぺらになる。

そんな気がしている。

 

 

昨日、帰宅後、庭に植えた2本の桃の苗木の背丈を測った。

左(日川白鳳)が73.5センチ、右(川中島)が60.5センチ。

薄暗くて根元の位置をきちんと見定めきれなかったから、測り方次第で5ミリぐらいはぶれるだろう。

取り敢えずだいたいで。

 

感想が無い。

読み終えた後、ネット上の様々なレビューをざっと斜め読みしたが、まさに賛否両論。

ネット上に感想なりコメントなりレビューなりをアップする時点で、その読者には本作に対する何らかの思いがある。

正であれ負であれ。

ところが、私には語るべきものが何も浮かばない。

これだけ時間を費やして読み進めたのに。

 

といったことを書いていて、あ、私自身、ネット上に「感想が無い」という感想を書いているという矛盾に思い至った。

 

第3部が発売されないことを願う。

なんか、疲れてしまった・・・。

 

 

「会社としてもいろいろ考えました。

 結論としては、○○君の意志を尊重することにしました」

もちろん、「とても残念ですが」の一言を添えて。

 

一瞬、彼の顔に凍りついたような微妙な笑みが浮かんだ。

ホッと安堵しているようにも見えたし、慰留されなかったことへの落胆にも見えた。

本音の部分は分からない。

 

来る者は拒まず、去る者は追わず。

いつからかそんな考えに沿って人事に関するあれこれを判断するようになった。

 


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • おまえは
  • おまえは
    れん
  • 思い残すこと
  • 思い残すこと
    れん
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
    れん
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
    れん
  • スケッチャーズのスニーカーを買った

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM