カウントダウンタイマー
評価:
貫井 徳郎
実業之日本社
¥ 670
(2015-10-03)
コメント:カミュの『異邦人』を髣髴させるストーリー。

評価:
カミュ
新潮社
¥ 432
(1963-07-02)
コメント:「太陽が眩しかったから」。そんな理由で人を殺すことが果たして可能か。

「本が増えて家が手狭になったから」という理由で妻子を殺す男。
俄かには信じられない動機で殺人を犯す主人公・仁藤は、『異邦人』(カミュ著)の主人公ムルソーに極めて近い印象を残す。
ムルソーは殺人の動機をこう語る。
「太陽が眩しかったから」。

不条理殺人という括り方が正しいかどうか知らないが、殺人という結果とそれを引き起こした動機の繋がりが希薄過ぎる、いや、むしろ繋がりがまったく見えない殺人事件を題材にした小説という点で、2つの作品は近似している。
ただ、あの終わり方はいただけない。
原稿量を決められていたなんてことはないだろうから、単に面倒臭くなったのか、息切れしたのか、ま、そんなところではないか。
とにかくあの結末はあまりに安易。唐突。急ぎ過ぎ。
無理矢理「The end.」させた感を否めない。

あ、『異邦人』を再読したくなってきた。

  • -
  • 21:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

スマホ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 息子、独り暮らしスタート
  • 息子、独り暮らしスタート
    森の風
  • 買い物は疲れる
  • 買い物は疲れる
    森の風
  • 巣立つ息子と老いゆく私が眺めたサーカス小屋
  • 巣立つ息子と老いゆく私が眺めたサーカス小屋
    森の風
  • 息子、大学合格!!!
  • 息子、大学合格!!!
    亮子&吉熊
  • 息子、大学合格!!!
  • 息子、大学合格!!!
    森の風

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM