カウントダウンタイマー

今日、何気なく発した言葉で、部下の1人を傷付けた。

雑談の中で出たいつもの軽口だったが、彼は冗談として受け止めなかった。

職場に誰もいなくなるタイミングを見計らうように私の許へ来て、彼はひと言、「私は呆けてはいません」と口にした。

怒りの滲んだ真剣そのものの眼差しにと胸を突かれた。

「オレの方が呆けてるよ」

苦笑いでそう返すのが精一杯だった。

 

言葉は、ときに刃よりも鋭利な凶器となる。

58年も生きてくれば、それぐらいわかっている。

いや、むしろ私は、言葉の持つ重みや怖さには人一倍敏感であり、だからこそ、言葉遣いに関しては誰よりも意を払ってきたとの自負があるのだ。

その私が、意図せぬ形で他者を傷付けてしまった。

その場にいた他の誰もが冗談として受け流した他愛ないやり取りだったとしても、無神経の誹りを免れるものではない。

 

こうして私は、徐々に、自分で自分を追い詰めていく。

 

 

  • -
  • 22:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

スマホ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • それぞれの家庭の情景
  • それぞれの家庭の情景
    森の風
  • ダイハツ・ロッキーを契約した。桃の実は順調に育っている。散歩した。
  • ダイハツ・ロッキーを契約した。桃の実は順調に育っている。散歩した。
    森の風
  • ああ、クサクサする
  • 息子、独り暮らしスタート
  • 息子、独り暮らしスタート
    森の風
  • 買い物は疲れる
  • 買い物は疲れる
    森の風
  • 巣立つ息子と老いゆく私が眺めたサーカス小屋

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM