カウントダウンタイマー

正月早々考えるようなことでは無いかも知れないが、1961年生まれの私は、2021年、つまり来年、遂に還暦を迎える。

タイトルに「!」マークを付けたのは、ちょっと嬉しいからだ。

長生きを喜んでいるのでは無い。

60歳になれば、勤め人暮らしから晴れておさらば出来る。

堂々とサヨナラ出来る。

そのことが気分を軽くしてくれるのだ。


厳密に言うと、役員には60歳になったからと言って定年制度の適用は無い。

より正確には、委任契約の役員になった2年前に定年扱いとなり、そこで一度退職したことになっている。

同日付けで役員に選任され、その後は1年1年の単年契約である。


けれども、一般社員が定年を迎える60歳という年齢は、役員の身であっても一つの大きな節目であることには違いない。

 

大多数の会社や官公庁で働くサラリーマンが、やっとのことで辿り着くゴールとしての60歳定年。

「来年で還暦なんです」

誰かにそう口にするたびに、大きくて重い荷物が1つ減ったような気になるのである。

 




  • -
  • 21:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
お疲れ様です。
私も同感です。
  • 森の風
  • 2020/02/02 19:28





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

スマホ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 息子、独り暮らしスタート
  • 息子、独り暮らしスタート
    森の風
  • 買い物は疲れる
  • 買い物は疲れる
    森の風
  • 巣立つ息子と老いゆく私が眺めたサーカス小屋
  • 巣立つ息子と老いゆく私が眺めたサーカス小屋
    森の風
  • 息子、大学合格!!!
  • 息子、大学合格!!!
    亮子&吉熊
  • 息子、大学合格!!!
  • 息子、大学合格!!!
    森の風

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM