カウントダウンタイマー

大学入学の準備対応で、31日から2泊3日で娘に同行していた妻が、夜遅くに帰宅した。

駅まで迎えに行くと、助手席に乗った途端、涙をボロボロ零し始めたのは、娘が身近に居ない寂しさを実感したゆえであろう。

初めての土地で、家具類から日用雑貨に至る最低限の身の回り品を買い揃えたり各種手続きに追われたり入学式に出席したりで、心身共に疲労困憊の様子。

仕事と息子のことがあり、娘のことは妻に任せたのだが、相当ハードな3日間だったろう。ご苦労さまである。


娘とLINEで2度やりとり。

「うん」と「はい」だけで相変わらず素っ気ないが、娘は娘で、彼方の町の1ルームマンションで過ごす初めての独りきりの夜を、たぶんきっと、心細く迎えているだろう。


息子は、今日も嫌な顔ひとつせずに家事を手伝ってくれた。

あとは1日も早く浪人生としての生活リズムを確立し、受験勉強に集中して欲しい。


そうそう。

妻を迎えに行って帰宅したときのこと。

玄関を開けて「ただいま」と声を掛けても息子からの返事がなく、妻が2階に上がって勉強部屋を確かめたが、そこに息子の姿が見当たらず、ちょっと慌てた。

「○○が居ない!」

そう口走りながら2階から下りてきた妻の顔に緊張が走っている。

広くもない家の中で2人して暫しオロオロ。

トイレの電気が点いているのに私が気付き、妻が「○○、帰ったよ!」と呼び掛け、返事を聞いてホッと一安心したのだった。


何事につけ心配するのが親の仕事。

そのことを痛感した夜。



  • -
  • 23:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

スマホ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 「あと10歳若かったら」
  • 「あと10歳若かったら」
    れん
  • 色々なことがうまくいかない
    ゆき
  • 湯呑
  • 湯呑
    風の森
  • 卒業
  • 卒業
    森の風
  • 視察
  • 視察
    れん
  • タイヤ交換、陸上、視野検査

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM