午後8時を回った頃、遠雷のような地響きが微かに体を震わせた。

地震か?

違う。

これは花火大会の音だ。

 

出会ったとき、小巻は15歳だった。

ひと回り年上の私にとって、小巻は教え子の一人であり、いつも教室の最前列で黙々とノートをとる少女だった。

小巻は髪の豊かな少女だった。

けれども、その豊かな髪には白髪が目立った。

15歳の中学3年生にしてみれば、髪を染めることよりも、目の前に迫った受験を乗り切ることの方がもちろん重要だったと思うし、そういうことを気に掛けてやるはずの母親も、髪を染めさせてやるのは高校生になってからでも遅くないと考えていたのだろう。

 

1994年2月14日。

その日、私はボブ・ディランのコンサートに向かう途中だった。

バレンタインデーの夕刻、人混みでごった返す広大な駅のコンコースで、偶然にも対角線上に交錯する格好で互いを認識し合った小巻と私は、一瞬にして5年の月日を跳び越えていた。

20歳になった小巻は眩しいほどの「女」になり、あの頃白髪が目立った豊かな髪は艶やかに黒光りしていた。

32歳の私は今ほど太っておらず、今ほど髪も減っておらず、独身の気儘な暮らしをそれなりに楽しんでいた。

 

花火大会に行こう。

そんな約束を交わしたのはいつだったのか。

 

 

「わー、すごーい!」

小巻は私の肩に頭を乗せ、腹の底に響くドーンという音とともに頭上に広がる光のパノラマに見惚れていた。

膝を抱えて地べたに坐る2人は、その日を境に男と女になった。

 

 

  • -
  • 21:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 再会
  • 再会
    にしだゆか
  • おまえは
  • おまえは
    れん
  • 思い残すこと
  • 思い残すこと
    れん
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
    れん
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM