夕方、ミニラレーで散歩した。

 

掠れた絵筆で殴り描きしたような雲たちが、次はどこへ行こうかと囁き合っていた。

 

収穫間近の麦の穂は、西洋人のブロンドのような輝きを放ち、風に棚引きながらサワサワと実りの音を鳴らしていた。

 

 

  • -
  • 22:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 再会
  • 再会
    にしだゆか
  • おまえは
  • おまえは
    れん
  • 思い残すこと
  • 思い残すこと
    れん
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
    れん
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM