夕方、ミニラレーで散歩した。

 

掠れた絵筆で殴り描きしたような雲たちが、次はどこへ行こうかと囁き合っていた。

 

収穫間近の麦の穂は、西洋人のブロンドのような輝きを放ち、風に棚引きながらサワサワと実りの音を鳴らしていた。

 

 

  • -
  • 22:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM