あれからそのまま布団に横たわった。

窓に打ちつける雨と風の音で目が覚めた。午後2時。

痛む体を立ち上がらせ、階下へ。

家中が夜のように暗い。

気分は相変わらず優れない。

食事をとれば少しは調子が出るかも知れない。

炊飯器を見る。

ごはんが、ない。

冷蔵庫におひやごはんも、ない。

諦めて、インスタントラーメンを作って食べた。

 

気分が少しだけ上がった。

 

 

  • -
  • 14:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 聖の青春
  • 聖の青春
    りょう
  • 明日生きていることを100%保証された人はいない
  • 明日生きていることを100%保証された人はいない
    れん
  • 『定年バカ』を読んだ
  • 『定年バカ』を読んだ
    れん
  • 後光
  • 後光
    れん
  • 赤い花
  • 赤い花
    れん

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM