「あのさあ、1年のときも言ったと思うけど、ひげそり」

昨夜、そろそろ寝ようとしていたとき、不意に息子が話し掛けてきた。

机上に置いている私のひげそりを指先でつつきながら、いかにもぶっきら棒に。

「おお、これ安いけど、けっこういいぞ」

意表を突かれ、思わず声が上ずった。

 

私が今使っているひげそりはちょうど1年前にAmazonで買った。

IZUMIという2流メーカーの品で、値段は2500円ほど。

過去、ブラウンや日立やパナソニックなどの有名ブランド品も一通り使ってきたが、替刃は高くつくから、いずれも歯がこぼれたりバッテリーがだめになった時点で新しいものに買い替えてきた。

 

「T字は?」

そんな単語も知っているのか。

「お父さんは使ったことない。あれは面倒臭いし、危ない」

「どうして」

「横に滑らせてしまうと、皮膚が切れてしまう」

ふーん、と言ったまま息子は黙り込んだ。

何かに急かされるように「ほかの連中も剃ってるのか」と問うと、息子は薄っすらと生えた口の周りのひげを指で触りながら、

「うん、たぶん。オレそんなに濃くないけど、剃ってるやつはすぐ分かる」と返してきた。

 

私がはじめてひげそりを使ったのはいつだったろう。

高校生の頃だったとは思うが、細かい記憶は無い。

生え始めたひげは何とも厄介だったが、恥ずかしさが先立ち、鏡を見ながら文房具のハサミでこっそり切って凌いでいた。

やがてそんなやり方ではおっつかなくなり、親に内緒で電動ひげそりを買い込んできて、ひっそりと使い始めたように思う。

モーターの唸る音ですぐにバレていたとは思うけれど。

 

息子が俯き加減のまま「じゃあ、それでいい」と言って、私のひげそりを指差した。

「初めて買うんだから、まずは自分で電気屋さんに行って見てこい。おまえは現物を見なさ過ぎる。お店に行ったらいろいろあるから、気に入ったやつがあったらお店で買ってもいいし、あとでネットで選んでもいい」と答えた。

 

 

 

  • -
  • 22:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 再会
  • 再会
    にしだゆか
  • おまえは
  • おまえは
    れん
  • 思い残すこと
  • 思い残すこと
    れん
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
    れん
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM