朝、いつものように出社した。

着替えを済ませ、パソコンの電源を入れ、椅子に坐り、持参のコーヒーをひと口ふた口すすった。

○○君の姿が見当たらないことは、職場に足を踏み入れた瞬間から気付いていた。

いつもなら1番に出社し、窓を開けたり電気ポットのスイッチを入れてくれている。

今日はお休みなのだろうか。

事故や病気でなければいいが。

そんなことをぼんやり考えていたら始業のチャイムが鳴った。

職場の皆さんが誰も何も言わないところを見ると、○○君が今日休むことは先週末の段階で分かっていたのだろう。

いちいち私に報告することではないが、気になった。

彼の上司にあたる課長に問うと、娘さんの入学式でお休みだそうです、と返ってきた。

そう言えば、子どもたちがそんなことを言っていた。

○○君は数年前に離婚しており、親権は元奥さん側にある。

そのことは、○○君がこの職場に着任してすぐ、本人の口から説明を受けていた。

それが原因でうつ病を患い、通院加療中であることも。

離婚するとき、どのような取り決めがなされたかは知らない。

○○君が、我が子の成長する姿をしかと目に焼き付けてくれたなら、それでいい。

  • -
  • 22:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • おまえは
  • おまえは
    れん
  • 思い残すこと
  • 思い残すこと
    れん
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
    れん
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
  • 今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける
    れん
  • スケッチャーズのスニーカーを買った

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM