「今と向き合う強ささえあれば、なんとか生きていける。」

愛読しているブログで出会ったフレーズである。

 

私ときたら、全く逆。

今と向き合うことから逃げてばかり。

ものすごく分かり易い例で言えば、鏡に映る今現在の自分の顔をまともに見ることが出来ない。

額の生え際を直視したくなくて。

(そもそも、禿げてしまって生え際と呼べる部位が存在しない!)

 

そのブログで書かれていることの本質とは少々ズレた稚拙な例え話かも知れないが、人って案外そんなもの。

 

 

  • -
  • 22:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
ご愛読ありがとうございます!
そうか、、、わたしってあまりにストレートに考えすぎるのですかね。
強すぎる??
  • れん
  • 2017/03/29 23:32
それがれんさんでしょう。
もう15年?ほどれんさんの綴る「ことば」に接してきた一愛読者の他愛ない印象ですが。

そして私は、こうやって毎日愚痴だらけでウジウジしながらも、なんとか生きている。
向田邦子の『父の詫び状』。
家では威張り散らす父親が、社長の前で卑屈なくらいぺこぺこ頭を下げる姿を見て「父はあの姿で戦ってきたのだ」という一文があって、折りに触れ思い出します。

何書いてるんだろう?
そう、今日は飲み会で、私も社長の傍でぺこぺこ頭を下げたりお追従を言ったりしていたからだ。
こんなことしている私は本当の私じゃない、と言いたいけれど、そうやって生きていく道を選んだのは紛れもなく自分自身だからだ。

れんさんとは違うけれど、何とか生きている。

  • 2017/03/31 01:24
轍さん、昔、私のこと「大好きだけど、大嫌い」っておっしゃっていて、
それって、こういう強さのことですかね?
他人を寄せ付けないような強さ。
  • れん
  • 2017/04/02 03:03
息子と今まで話し込んでいて時間がない。
あとでまた。
  • 2017/04/03 01:38
私、そんなこと言いましたか。
何とかしてれんさんの気を惹きたかったんだろうな。小学生並み。笑

強さと言うのか、れんさんは、いつも真っ直ぐ前を向いている感じがする。
後ろを振り返るときも、首だけ曲げるんじゃなくて体ごと後ろに向き直るからそこはもう後ろじゃない、みたいな。
他人を寄せ付けない強さ、というのは、誰かにそう言われたことがあるのでしょうか。
れんさんに特別な感情を抱いた人は、誰だってそう感じると思います。

  • 2017/04/03 21:43
ありがとうございます。
自意識過剰かもしれませんが、私の強さって、人を傷つけることがあるんだろうとつねに感じていて、だからなんとなく孤独なんです。
強いくせに、ちょっと寂しいのね。

でも轍さんみたいな方に、触れていただけるというのはほんと幸せです。
ありがとう。
  • れん
  • 2017/04/05 05:31
そんなそんな、照れてしまうではありませんか。

ここは本当にごくごく限られた方しか来られていないので、私こそ幸せです。
これからも、お互いさまでお願いしますよ。

あ、自意識過剰なら私負けませんから。


  • 2017/04/05 23:50





   

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM